*

ムダ毛処理を忘れてプールに入ってしまった思い出。

私の通っていた高校では、夏になると水泳の授業がありました。 水泳の授業は当然のことながら、プールに入るため水着にならなければなりません。 高校生ともなると、ムダ毛が気になる年齢になってきます。 クラスメイトに、処理していない毛を見られるのは嫌なので、 水泳の前日には、念入りにムダ毛処理をしていました。 ところが、プールに入る日であるにも関わらず、 ムダ毛の処理を、うっかり忘れてしまったことがありました。 しかも、そのことに気づいたのはプールの更衣室の中。 着替えの最中に、わきの下に点々と生えている短いムダ毛に気付いたのです。 今更、見学なんてできる状態ではなく、 私は仕方なく、そのままプールに入りました。 準備運動のときも、シャワーを浴びるときも、 なるべく腕を上げないように細心の注意を払い、 泳ぐときも、比較的わきの下が見えにくいと思われる平泳ぎのみをするようにし、 無残なわきの下を人目にさらさないように、必死に隠していました。 今でこそ笑い話ですが、当時の私にとっては永遠とも思えるほど長い50分間でした。 あれから15年近くの年月が経ちましたが、 今でも夏が近づくと、この出来事が脳裏に浮かび、 「ムダ毛の処理、しっかりやらなきゃ」と、思い出すたびに自分に言い聞かせています。 赤羽 脱毛料金ランキング


コメントする